So-net無料ブログ作成
スポンサード リンク
- | 2015年06月 |2015年07月 ブログトップ

仲里依紗 父 画像 イケメン [エンタメ]

女優の仲里依紗が6月22日、父や姉妹と一緒に写っている自身の幼少期とみられる写真をInstagramで公開した。

仲里依紗の本名は中尾 里依紗といい出身は長崎県東彼杵郡。
「そのぎん」とご当地では方言を言うところだ。
夫は俳優・中尾明慶であり一児の母親だ。

6月21日が父の日だったことを受けた仲は、22日に「父の日でした お父さん大好き いつもありがと~~」という感謝のコメントと共に同写真を投稿。写真には、笑顔の男性が2人の小さい女の子を両腕に抱え、3人とも目線をカメラに向けているのが写っている。

父親がイケメンであると絶賛されている。
確かに写真を見るとイケメンだ。
大体DNAは嘘付かない気がする。

俺は7年位前にまだブレイクする前に「学校じゃ教えられない」というちょい微妙なドラマを見ていた時に仲里依紗が出演していて、演技が中々上手いと思っていた。そんな仲里依紗は応援し続けたい一人である。





大手電機メーカー 東芝 不適切会計 [ビジネス]

大手電機メーカーの一つ、東芝の不適切会計が新たに12件、累計36億円が見つかった。

新たに発覚した不適切会計は、2009年度から2013年度までの5年間で、営業利益への影響額が累計36億円。電力システム関連や社会インフラ関連で、評価損の計上や貸倒引当金を計上していなかった。
経理改ざんというか不適切会計と呼ぶのはちょっと甘すぎる気がする。

一方大手電機メーカーの一つシャープは減資を行うなど、経営悪化が懸念されている。
今大手電機メーカーは非常に厳しい環境に置かれていると思う。
俺も某大手電機メーカに勤めているが、総合電機で未来永劫経営をしていくことは
中々困難であると思われる。

海外メーカーの追随も衰えることはないし、国内メーカーの技術革新や商品開発などは
他社、海外メーカーを差し置いてリードするだけの力が乏しい。

世界を席巻していた時代は遠い過去であり、これからは存続をかけた戦いが始まっている。

日本のメーカーの優位性は絶対に崩してはならない。

- |2015年06月 |2015年07月 ブログトップ



スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。